白桃 ※

¥203 (税込)

原産地である岡山県が著名で、ブランド化されている。

その他では、桃自体の生産量が多い山梨県、福島県、長野県、和歌山県、山形県でも作られている。

比較する
カテゴリー:

説明

1899年(明治32年)に、岡山県で発見された桃の品種で、水蜜桃の一種である。

磐梨郡物理村(現・岡山市東区瀬戸町)で、偶然優良品種の桃が大久保重五郎により発見されたのが白桃である。大玉で高級品。完熟しても果皮が乳白色であることが命名の由来。
手で皮を剥くことができ、白い果肉は甘みが強い。種に近い中心部分は強い桃色を呈している。

更に品種改良を加え、より甘く美味しい白桃を作り出す事が出来るようになっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レビュー

レビューはまだありません。

“白桃 ※” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × three =